保育士の目まぐるしい1日

保育士の毎日とは
保育士の1日の流れ
保育士の勤務と休日
リンク集
サイトマップ

保育士の目まぐるしい1日

保育士の勤務と休日

保育士の勤務に関しては、基本的に早番と中番、遅番に分かれています。早番の場合は、朝から仕事に入るのが一般的で、中番は利用者が多い昼に担当することが多いです。その他、仕事で夜が遅くなる保護者の方に対応して、夜まで子供たちを預かるのが遅番の役目でもあります。それぞれの時間によって違ってくるので、自分の勤務形態についても知っておくことが必要となります。1日の流れも、自分のシフトによって前後されてくので、その点はしっかりと理解しておくことが必要となります。以外にもシフトは変わりやすいので、そこもチェックしながら働くことが重要です。

休日に関しては、基本的に土日祝日にしている保育所が多くなっています。しかし、近年はサービス業の方なども増加していて、土日に働き、平日に休むという方も増加しているのです。それらの傾向に合わせて、土日祝日でもシフトが入る場合があります。そこは、しっかりと保育所側と相談して、自分のシフトを決めている保育士が多いと言えるでしょう。実際に色々な保育士の働き方があるし、勤務や休日もそれぞれ異なります。それらの点に関しても、しっかりチェックして働くことが必要となるのではないでしょうか。

Copyright © 保育士の目まぐるしい1日, All rights reserved.